アイキャッチ

認定・休学留学

大学生のための認定・休学留学

大学在学中にアメリカ、イギリスの大学生活を体験するStudy Abroad with English(SAWE)は、大学生のうちにしか経験できない留学スタイルです。現在、日本人留学生を歓迎しているINTOパートナー大学は、アメリカに3校、イギリスに3校あります。これらは、日本の多くの大学に認定されており、留学期間中に取得した単位が認められています。(認定留学)一方、自ら大学を休学扱いにして個人で留学される方も数多くいます。(休学留学)いずれの場合でも、このプログラムでは英語力はもちろんのこと、コミュニケーションスキルやリーダーシップなどのスキルを最大限に養成する機会がふんだんに組み込まれているまさしく「就職力を高める留学」なのです。


認定・休学留学実施大学

アメリカ

イギリス



Why Study Abroad with English (SAWE)?

認定・休学留学があなたの就職力を高める4つのポイント

  • 世界に通用する英語力を身につける

    本プログラムでは、現地の学生は言うまでもなく、世界中から留学生が集まってきています。 彼らと授業や寝食を共にすることにより、様々な価値観の違いを目の当たりにするはずです。彼らは日本人のように空気を読んでくれないので、自分に意見を言う機会をふってくれるのを待つのではなく、自ら会話に参加する積極性が求められます。また自分の意見を言う場合は、文法ではなく、ロジカルに伝える力、聞く姿勢、相手を不快にさせずに巻き込む力、そして関係構築力といったコミュニケーションスキルが必要になります。本プログラムではこういった総合的かつ実践的な英語力を身につける機会がふんだんに組み込まれています。

  • ソーシャルスキルを身につける

    INTOパートナー大学ではスポーツ系、趣味系、学問系、国際系など様々なクラブやボランティア活動が用意されています。クラブ活動やボランティア活動は、あなたの自信を深め、社交スキルの向上に役立ちます。特にボランティア活動は、様々な実践的なスキルを向上させ、あなたのキャリア設計を助けます。例えば慈善団体のソーシャルメディアアカウントの運営を手伝うことで、コミュニケーションとマーケティングのスキルが向上し、その活動の計画と運営を支援することで、忍耐力とチームワークのスキルが向上します。これらは全てあなたのキャリア設計を助けるものであり、入社面接であなたの学位以上にモノをいう武器になるのです。

  • チームワークやリーダーシップ力を高める

    アメリカやイギリスの大学の授業にはグループプロジェクトと呼ばれる授業スタイルが頻繁に取り入れられています。これは、学生がグループを組んで、グループとしてリサーチし、発表するというものです。教授の狙いは、学生のチームワーク力やリーダーシップ力を養成することです。
    グループワークの重要なポイントは、時間配分や役割分担を効率的に進めること、自分よがりではなくチームで成果を出すことに努めることです。その際、リーダーとは、必ずしも正式なリーダーシップポジションにいる人だけではありません。グループが最大限の成果を出すためにそのプロジェクトにポジティブな変化に影響を与えることができる人物でもあります。例えば「今議論にかけているものは何だろう?」と常に考え、必要に応じて議論を前段階に戻したり、残り時間を指摘して議論をまとめる方向に導いたりするいわゆる「裏のリーダー」も高評価を得るリーダーシップです。

  • 名門大学の単位取得といった一生の宝物

    語学留学と違い、このプログラムで取得できる単位は大学が正式に発行しているものなので、履歴書の学歴欄にも例えば「イーストアングリア大学国際開発学部〇〇教科、○○単位取得」などと書くことができます。