アイキャッチ

イギリス大学院留学

こちらの検索サイトでは500以上の大学院コースの詳細データを調べることができます。
あなたに合ったコースを見つけてください。

INTOのパートナー大学では大学院直接入学に加えて、入学基準(英語力と成績)を満たしていない方を対象とした大学院パスウエイ(Graduate Diploma、またはPre Master)経由の大学院留学のオプションを用意しています。Graduate Diplomaは、英語+専攻分野に沿った専門科目で構成されており、Pre Masterは、英語力の強化とスタディスキルのみに焦点を充てています。

イギリス大学院留学
(大学院直接入学 vs パスウエイ経由)

図:パスウェイ経由と直接入学の比較

:英語力が満たない場合は、Pre-sessional English(学期直前英語プログラム)を受講することで入学が許可されます。
※※:英語力が満たない場合は、アカデミック英語プログラムを受講することで入学が許可されます。また、4~5学期制の大学院パスウエイも用意されています。

大学院パスウエイの特徴

  • 大学院の入学基準(成績、英語力)を大幅に軽減
  • 独自の無料英語能力テストによりTOEFL、IELTS受験は不要
  • 大学院留学に必要不可欠なプレゼンスキル、リサーチスキル、ライティングスキルを徹底指導
  • 一定の成績でプログラムを修了した方は大学院への入学保証
  • パスウエイを併せて1.5-2年で修士号取得が可能
  • 返済不要な奨学金制度あり

Graduate Diploma カリキュラム例(イーストアングリア大学 国際開発学の場合)

入学条件:成績(GPA):2.4/4段階、英語力(例 IELTS) 5.5(全てのサブスキルも4.5)

必修科目
教科名 単位数*
アカデミック英語&スタディスキル 30
コミュニケーションスキル 0
定量分析 10
リサーチ入門 10
専門科目(以下から専攻分野に沿って70単位分の教科を履修)
教科名 単位数
経済問題 20
起業学 30
応用研究スキル 30
国際問題と開発学 20
社会・文化学 20

*修士コースの単位としてはカウントされません。

本コースを成功裏に修了すると国際開発学を含め、以下のイーストアングリア大学修士課程への入学が保証されています。

国際開発学関連 Agriculture and Rural Development-MA
Climate Change and International Development-MSc
Conflict, Governance and International Development-MA
Development Economics-MSc, Development Practice-MA
Education and Development-MA
Environment and International Development-MSc
Gender Analysis of International Development-MA
Globalisation Business and Sustainable Development-MA
Impact Evaluation for International Development-MSc
Media and International Development-MA
International Social Development-MA
Water Security and International Development-MSc
国際関係学関連 Economics and International Relations-MSc
Global Media Economics-MSc
International Relations-MA
International Security-MA
ビジネス・経済学関連 Accounting and Finance-MSc
Banking and Finance-MSc
Business Management-MSc
Economics of International Finance and Trade-MSc
Economics of Money, Banking and Capital Markets-MSc
Enterprise and Business Creation-MSc
Finance and Management-MSc
Human Resource Management-MSc
International Business Economics-MSc
International Accounting and Financial Management-MSc
International Business Finance and Economics-MSc
Investment and Financial Management-MSc
Management-MSc, Marketing and Management-MSc
Marketing-MSc
Operations and Logistics Management-MSc
Quantitative Financial Economics-MSc
メディア学関連 Media and Cultural Politics-MA
Media Culture and Society-MA
教育学関連 Adult Literacy and Learning for Global Change-MA
Education Leadership and Management-MSc
Education; Learning, Pedagogy and Assessment-MA
Second Language Education-MA
行政学関連 Public Policy and Public Management-MA

Pre Master(INTO マンチェスター校)

入学条件

コース期間 3学期制:9月~6月、2学期制:1月~6月 or 4月~8月
英語力 (IELTS) 3学期制:5.0+ (R&W:5.0+)2学期制:5.5+ (R&W:5.5+)
成績(GPA) 2.0+
学部専攻 修士コースにより異なる*
進学先 NCUK 加盟大学**

Pre Master カリキュラム

教科名
アカデミック英語
マネジメント
リサーチスキル

*一般的に理系やエンジニアリング系の修士コースは、学部で関連分野のコースを専攻していることが求められます。一方、社会科学、人文科学及びビジネス分野の修士コースは、学部専攻内容を問わない場合が多くあります。
** NCUK加盟大学 INTOマンチェスター校は、NCUKの認定大学院進学準備校です。従って同校のPre Masterを一定の成績で修了すると以下のNCUKの加盟大学修士コースのいずれかの入学が保証されます。

  • Aston University
  • Bristol University
  • Kingston University
  • Leeds Beckett University
  • Liverpool John Moores University
  • Manchester Metropolitan University
  • Queen Mary, University of London
  • Sheffield Hallam University
  • The University of Manchester
  • The University of Sheffield
  • University of Birmingham
  • University of Bradford
  • University of Kent
  • University of Leeds
  • University of Salford

INTOロンドン校もPre Masterプログラムを行っており、このプログラムを一定の成績で修了すると英国内の約100大学の修士コースのいずれかの入学が保証されています。詳細は、お問合せください。

Graduate Diploma、Pre Master’sで学ぶアカデミックスキルとは、ノートの取り方、文献検索及び引用方法、プレゼンテーションスキル、リサーチスキル、エッセイの書き方、時間管理など、イギリス大学院で必要不可欠なスキルです。従って修士課程の入学資格を持っている方も、修士号取得に万全な準備を整えたいということでこれらのプログラムを受講される方もいます。

イギリス大学院留学の特徴

イギリスの大学院・大学院生の数

イギリスには160以上の大学院があり、2017-18年度には59万人以上の学生が学んでいます。学部生の合計が180万人なので、かなりの割合の学生が大学院に進学していることになります。

文部科学省が公表しているデータによると人口100万人当たりの修士号取得者は、イギリスが世界で最も多い3,697人となります。ちなみに日本は570人と寂しい数字になっています。

イギリスにおける修士課程の特徴

イギリスの修士コースは、潜在的に最終学位として捉えられ、修了後にはそれ以上の研究をせずに就職など社会に出る傾向があります。
独立した学位になる傾向があるイギリスの修士課程は、通常、より短く、より専門的です。
例えばアメリカの大学院は、2年間の生物科学修士コースを提供するのに対し、イギリスの大学院は、1年間の細胞生物学、植物遺伝学修士コースなど、より専門的に細分化されている傾向があります。
イギリスのシステムは、より早く専門的に学びたい場合や経済的なメリットがあります。

人気のある専攻

イギリスの留学生に人気のある専攻トップ10(2017年HESA統計)は、ビジネス、経済学、国際関係学、エンジニアリング、アート&デザイン、法律、教育学、コンピューター科学、医療・健康関連です。

修士号取得に要する期間

イギリスでは通常1年(12ヵ月間)で完了します。
一方、博士号取得までは、英国では約3年かかります。

年間スケジュール

イギリスの新学期は、秋学期(8~9月)に開始されます。
春学期(1月)から開始される修士コースもありますが、現時点ではごく稀です。
イギリスは、通常、秋学期(9月~12月)、春学期(1月~5月)、夏学期(6月~8月)の3学期制を採用しており、秋学期は基礎科目、春学期は専門科目、夏学期は論文 or プロジェクト作成し、9月に卒業します。

科目選択の柔軟性は?

コース期間が1年間のイギリスでは、通常、重点分野が用意されていません。
またアメリカに比べて選択科目もあまり多く用意されていませんし、修士コースを修了するまでに受講できる合計教科数も少ないことがあげられます。

学費

イギリスの大学は、ほとんど公立で、国内生対象の授業料には大差はありません。但し、留学生対象の授業料は、16,000~30,000ポンド以上の範囲で、ビジネス、理工学系、医学系などの分野は、教育、人文・社会科学などの分野の授業料に比べて高くなります。またアメリカと同様、高ランクの大学ほど授業料が高くなる傾向があります。

大学院奨学金について(公的・民間団体を除く)

一方イギリスに多く見られるユニークなスカラシップとして早期出願スカラシップ(Early Application Scholarship)があります。例えばイーストアングリア大学の場合、留学する年の4月10日までに登録金(授業料の内金)を支払うことを条件に全員、授業料の10%(約1,700~3,300ポンド*)が減免されます。その他に国籍別(日本人留学生の場合は3,000ポンド)や専攻コース別のスカラシップが用意されています。
*修士コースにより異なる。

入学条件・出願方法 

イギリスの大学院への入学審査は、通常書類審査で行われます。
主な出願書類は、下のチャートをご覧ください。

 項目 イギリス
出願書類 ・大学英文成績証明書
・大学英文卒業(見込み)証明書
・公式英語スコア
・推薦状2-3通
・エッセイ(志望動機書) など
出願時期 前年12月までが望ましい
審査結果発表 出願後1ヵ月以降
入学時期 一部の例外の除き、秋学期(9月)

成績(GPA)について

大学の成績はGPAで3.0以上を求められる大学院がほとんどです。大学の成績はGPAで3.0以上を求められる大学院がほとんどですが、GPA3.3以下になると選べる大学院の数は限られてきます。もしこの条件を満たしていない場合は、本サイトで紹介している大学院パスウエイを経由して入学が認められる大学・コースがあります。

英語力について

通常大学院留学で求められる最低ラインの英語力は、IELTSで6.5 (TOEFL:80)以上です。またReadingやWritingなどの各セクションが6.0以上などと追加条件を課しています。もし英語力を満たしていない場合は、本サイトで紹介している大学院パスウエイ経由で入学が許可されます。

エッセイ(志望動機書)について

成績や履歴書以外の自己アピールをします。通常、500~1000ワード程度(大学院により指定があります)。その際に下記の5点を中心に書いていきます。

1) 大学院卒業後のキャリアゴール
2) そのキャリアゴールと大学院コースとの関係性
3)大学で学んだ内容、(学部の専攻と異なる場合は、専攻変更の理由)
4) 現在までの経験(課外活動、ボランティア活動、職歴)
5) 出願先の大学院やクラスメートに貢献できること

推薦状について

条件付入学システムとは、英語力以外の入学要件は満たしている出願者に対して規定の英語力に達したら、或いは付属英語プログラムの一定レベルを修了したら入学を認めるといった条件付入学許可書(Conditional Offer)を発行する入学審査システムです。
イギリスは、出願時に英語力証明を求めない場合が多く、英語以外の審査で上記のConditional Offerを発行してくれます。
また入学基準にIELTSで0.5-1ポイント不足している留学生は、6~8月から新学期直前まで開講するPre-sessional English(学期直前英語コース)を受講することを条件に入学が認められることもあります。

条件付入学システムについて

条件付入学システムとは、英語力以外の入学要件は満たしている出願者に対して規定の英語力に達したら、或いは付属英語プログラムの一定レベルを修了したら入学を認めるといった条件付入学許可書(Conditional Offer)を発行する入学審査システムです。イギリスの学部では多く見られる入学審査方法ですが、多くの大学院は、このシステムを採用していないので、出願時に英語条件をクリアしている必要があります。

なおINTOパートナー大学では、上記の直接入学の基準に満たない方に大学院パスウエイといった入学方法を用意しています。
こちらをご覧ください。

学費

イギリスには日本と同様、公立(州立)と私立大学があり、州立大学の授業料は、州内生と州外生(留学生も含む)に分かれています。州外生の授業料は、しばしば州内生授業料の2-3倍以上に設定されており、私立大学の授業料と大差がない場合があります。
カレッジボードによると、イギリスの私立大学に1年間通うための平均学費は43,870ドル。但し、いわゆる名門私立大学院の授業料は、50,000ドル以上かかります。
例:南カリフォルニア大学(約80,000ドル)、コロンビア大学(約61,000ドル)、シカゴ大学(約58,000ドル)
州立大学の平均学費は、34,220ドルですが、U.S. News&World Reportによると、一部の名門州立大学は、40,000ドル以上の授業料がかかります。例えば、ミシガン大学は、留学生に約50,000ドルの授業料を課しています。

大学院奨学金について(公的・民間団体を除く)

(授業料50%~全額)については、主に博士号課程、特に科学と工学系コース専攻生に充てがわれています。これらの学生は、所属する研究室の研究補助を行うリサーチアシスタント(RA)、或いは教授が受け持つ学部の授業をサポートするティーチングアシスタント(TA)の代償として授業料の免除や給料を受け取っています。 イギリスの大学は、RAとTAの機会を利用して世界から優秀な学生を集め、大学の名声を上げ、世界で最も優秀で革新的な教育・研究環境を醸成しているのです。なお授業料の10%程度までの奨学金は、専攻に関わらず留学生にも提供されるケースが多くあります。

2021年度 INTOパートナー大学院授業料&奨学金

下のチャートは、2021年度のINTOパートナー大学院1学年間の授業料と奨学金です。
多くの修士コースは30~45単位制ですので、卒業までに1.5~2年間要します。
従って大学院の直接入学の場合は、下記のチャート内の直接入学授業料を1.5~2をかければ卒業までの授業料総額を算出できます。
パスウエイ経由の場合は、(パスウエイ授業料-パスウエイ奨学金)+ (直接入学授業料 x
1~1.5)で修士号取得までにかかる授業料の総額を算出できます。なおほとんどのパスウエイではその期間中に9-12単位取得できます。

大学名 直接入学
授業料
パスウェイ
授業料
パスウェイ
奨学金
(返済不要)
イーストアングリア大学 £17,100~ £11,995~ ~£2,000
エクセター大学 £18,000~ £21,095~ ~£2,000
ニューカッスル大学 £18,600~ £20,395~ ~£2,000
クイーンズ大学ベスファルト £17,700~ £14,415~ ~£2,000
ロンドン大学シティ £15,920~ £11,250~ ~£2,000
マンチェスター大学 £19,500~ £11,325~ ~£2,000
マンチェスターメトロポリタン大学 £15,500~ £11,325~ ~£2,000
スターリング大学 £16,755~ £16,475~ ~£2,000
INTO ロンドン校 n/a £13,385~ ~£2,000
NCUK (INTOマンチェスター校) n/a £11,325~ ~£2,000

寮費及び食費につきましては、ロンドン市内の場合は、1学年間(9ヵ月間)で11,385ポンド、ロンドン以外では9,135ポンドが目安*となっています。

*イギリス政府が定めた学生ビザ取得に必要な資金証明額

寮・食費は、1学年(9ヵ月間)につき1~2万ドルと大学の所在地(大都市、郊外都市)により大きく異なります。 大学・プログラム別の学費詳細については、お問い合わせください。なお一般的に大学寮よりキャンパス周辺のアパートの方が安価です。

なおINTOパートナー大学では、上記の直接入学の基準に満たない方に大学院パスウエイといった入学方法を用意しています。
こちらをご覧ください。

卒業後の現地就活について

イギリスでは2021年夏以降に大学学部、或いは大学院を卒業した留学生(専攻不問)は、卒業後2年間(博士課程修了生は、3年間)就職活動のためにイギリスに残れるようになりました。この間、留学生は仕事を探す(つまり無職)であっても就職してもいいことになります。
一般的な企業は、留学生のスポンサーになることが必要な就労ビザ手続きを敬遠しがちですので、先ずは上記のシステムを使って仕事を始め、人材として認めてもらって本採用につなげることが一般的です。また例え採用されなく、帰国しなければならないにしても、イギリスの就労体験は、国内の仕事探しにも大きく役立つはずです。

お問い合わせの多い大学院の希望条件を紹介します

日本人留学生の声

実際の声だけではなく、アンバサダーとして活動しているメンバーや、同大学・大学院への留学をお考えの方が自由にチャットできるアクセスプラットフォーム(TAP)で大学のことやキャンパスライフ、奨学金のことなど気になることがあれば何でも相談できるようになっています。留学を考えている方はぜひ活用してください。

Tomoya
イーストアングリア大学ファウンデーション修了後、同大学メディア&国際開発学部受講中

初めまして。この度日本の International Student Ambassador になりました平野智也です。
私はイーストアングリア大学で、メディア&国際開発学部 ( Media and International Development with Overseas Experience) を学んでいますが、以前はINTO UEAの Foundationコースに在籍しており、それが現在の学部に進むきっかけとなりました。(中略)
私は今、最終学年の4年生です。 UEA在学中のこの4年間、私は勉強面はもちろん、それ以外でも教授や多くの人達に支えられてきました。そのお陰で非常に充実した学生生活を送ってくることができました。授業に関する質問を教授やセミナーリーダーにメールで送ると、彼らは常に丁寧な対応をしてくれました。アドバイザーは入学時に一旦決まると卒業まで変わらないため、勉強はもちろん、それ以外の悩みや相談事にものってくれました。(中略)
初めての留学で一人単身で異国に行く事に不安や寂しさを感じるかと思います。しかし、そういう時のアンバサダーなのでどうぞお気軽に連絡してください。

Tomoyaさんと直接チャットしよう!

japanesestudents@uea.ac.uk
https://www.facebook.com/ueajapan/

INTO留学FAQ

Q:何故無料で手続きサポートをしてくれるのですか?

A:当社は、本サイトに記載されている教育機関を代表して、プログラムの説明、出願手続き、合格後の各種手続きなどをお申込者と共に円滑、確実に行なうことで、教育機関から運営費用を頂いております。その結果お申込み者からは手数料をいただかずに留学支援サービスを提供しています。
無料サポートに含まれているサービスは、こちらをご覧ください。
https://www.intoryugaku.jp/free-support/

Q:無料サポートに含まれているサービスを教えてください。

A:無料サポートに含まれているサービスは、以下の通りです。
・ お申込者のご希望及び諸条件に合った大学・プログラムの紹介
・ 4大学までの出願サポート(但し、各大学につき1プログラム)
・ 合格後の各種入学手続き(教育機関が指定する場合の入寮手続き、健康診断書提出に関する案内、留学費用(デポジット、授業料、滞在費)支払いの案内*、学生ビザ取得方法の案内** など
・ 出発前のオリエンテーション
・ 出発までに生じたご質問に対する対応
*留学費用のお支払いは、特に希望がない限りお申込者が行いますが、送金時期、額、方法についてはご説明いたします。
**学生ビザは、個人で申請することも可能ですが、ご希望によりビザ代行専門会社を紹介しますのでお問い合わせください。

Q:出願すれば必ず合格できますか?

A:大学院パスウエイについては、本サイト上に記載されている各プログラムの入学基準(成績及び英語力)を満たせば、定員枠超過でない限り合格が保証されています。定員枠超過状況につきましては出願前にチェックしますが、通常、留学開始の6ヵ月前までに出願すれば定員超過になることはありません。 一方、大学院直接入学については、本サイトに記載されている入学条件は、最低必要条件であって大学は、基準を満たした出願者の中から選抜しますので、出願しても必ず合格するとは限りません。

Q:公式な英語テスト(TOEFL, IELTSなど)の代わりとして認められる無料英語テストについて教えてください。 

A:多くのINTOパートナー大学では、以下の2つの英語テストをTOEFLやIELTSの代わりに認めています。両テストは、当社にて無料で受験できます。(要予約) IELA(INTO English Language Assessment Test ) ケンブリッジ英語検定を実施しているCambridge Englishの協力のもと、INTOが開発したオンライン英語能力テスト。英語の4つの基本技能をカバーするもので、所要時間は2時間です。

Q:合否審査の結果は、いつ頃わかりますか?

A:大学院パスウエイの場合は、1週間以内に審査結果が届きます。大学院直接入学の場合は、1ヵ月間が目安になります。

Q:返金不要のスカラシップはありますか? 

A:大学院パスウエイの場合は、成績優秀者及び早期出願者を対象とした奨学金が数多く用意されています。またこれらは、パスウエイ期間中の成績により、次年度に大学院入学・編入後も更新されるものが多くあります。 一方、大学院直接入学の場合は、成績優秀者対象のものがありますが、非常に競争率が高くなっています。

こちらの検索サイトでは500以上の大学院コースの詳細データを調べることができます。
あなたに合ったコースを見つけてください。