ロンドン大学、シティ校
イングランド ・ロンドン市

MSc in Civil Engineering Structures (Nuclear Power Plants)

ここに注目

  • 原子力発電プラントを中心に、構造システムの設計、評価、および分析方法を学ぶ

ワンポイント紹介

ロンドン大学シティ校の Civil Engineering Structures (Nuclear Power Plants) 修士工学コースでは、原子力発電プラントを中心に、構造システムの設計、評価、および分析方法を学びます。 建物、橋、特別な構造、特に核封じ込め構造の設計に使用されるすべての原則を学びます。
核構造に重点を置いているのは、この部門によって報告されたスキル不足への対応です。 英国は最近、40,000人以上の雇用を生み出すと予測されている長期的な原子力新築プログラムに取り組んでいますが、この分野での専門的なトレーニングを学べるプログラムが十分ではありません。 したがって、本プログラムは、卒業生の市場での競争力を強固にします。

入学条件

入学条件 大学院パスウエイ 直接入学
英語力 IELTS 5.5 (全て5.5+) IELTS 6.5 (W: 6.5+)
成績 2.4 2.5
GRE/GMAT 不要 不要
学部専攻指定 関連分野 関連分野
就労体験 不要 不要
入学時期 9月
その他・備考 IELTS 6.0 (全て 5.5+) がある場合は、2学期制パスウエイ(1月~6月 or 4月~8月)受講可。3学期制のプログラム期間は、9ヵ月間(9月~6月 or 1月~8月)

大学院パスウエイ

受講科目
教科名 単位数*
Independent Research Project20
Research Skills10
Introduction to Science and Engineering40
Programming and Design20
English Language and Study Skills30
*修士コースの単位にはカウントされない。
赤文字は選択科目
大学院パスウエイの詳細はこちらへ

当プログラムのカウンセリングと入学手続きを無料で行っています。詳しくはお問い合わせください。