ロンドン大学、シティ校
イングランド ・ロンドン市

LLM in International Energy Law and Regulation

ここに注目

  • 英国およびその他の地域でエネルギー法と規制の詳細かつ包括的な研究を提供する数少ない 法学修士コースの1つ
  • ロンドン大学シティは、法律教育のすべての段階で学生と実務家を教育するロンドンで最初のロースクール (1852年開設)
  • シティ大学ロースクールは、イギリス元首相のマーガレットサッチャーやトニー・ブレア、インド建国の父ガンディーの出身校

ワンポイント紹介

ロンドン大学シティ校の International Energy Law and Regulation 法学修士コースは、英国およびその他の地域でエネルギー法と規制の詳細かつ包括的な研究を提供する数少ない 法学修士コースの1つです。 このコースでは、石油やガスなど、広く議論されているエネルギー源を取り上げるほか、再生可能エネルギーおよび低炭素セクターに関する問題も取り上げています。 提供されているモジュールは、エネルギー契約の実際的な側面、エネルギー部門の規制、エネルギーの搾取から生じる地政学的問題、および国際的なエネルギー紛争の解決について触れます。

入学条件

入学条件 大学院パスウエイ 直接入学
英語力 IELTS 6.0 (全て5.5+) IELTS 7.0 (W:7.0, その他:6.5)
成績 2.4 3.0
GRE/GMAT 不要 不要
学部専攻指定 不問 不問
就労体験 不要 不要
入学時期 9月(3学期制)、1月(3学期制及び2学期制)、4月(2学期制) 9月
その他・備考 IELTS 6.0 (全て 5.5+) がある場合は、2学期制パスウエイ(1月~6月 or 4月~8月)受講可。3学期制のプログラム期間は、9ヵ月間(9月~6月 or 1月~8月)

大学院パスウエイ

受講科目
教科名 単位数*
Independent Research Project20
Research Skills10
International Commercial Law20
Introduction to English Law40
English Language and Study Skills30
*修士コースの単位にはカウントされない。
赤文字は選択科目
大学院パスウエイの詳細はこちらへ

当プログラムのカウンセリングと入学手続きを無料で行っています。詳しくはお問い合わせください。