イーストアングリア大学
イングランド・Norwitch市

MA in Gender Analysis of International Development(ジェンダー&国際開発学)

ここに注目

  • 国際開発の関連組織のプログラムやポリシーにジェンダー意識を浸透させるために必要なスキルと知識を習得する
  • UEAの国際開発学部は、世界トップ11位にランキング (QS World University Ranking by Subjects 2019)

ワンポイント紹介

イーストアングリア大学(UEA)の国際開発学部は、国際開発分野における教育、学習、研究、コンサルティングを行う、世界トップクラスの学術機関です。アカデミックとプロフェッショナル・スキルの両方を学ぶため、理論と実践、インターンとして海外で働く就業機会を併せて構成されています。
UEA の Gender Analysis of International Development 修士コースは、ジェンダー分析に関する高度な社会科学の専門知識を持つ人々により、開発政策の策定、実際の開発活動、開発教育と研究に貢献する必要性から1990年に生まれました。
本課程では、国際開発におけるジェンダーの理論と実践の両方を学びます。これにより、国際開発の関連組織のプログラムやポリシーにジェンダー意識を浸透させるために必要なスキルと知識が得られます。
また、このコースでは、ジェンダープランニングやジェンダー政策アプローチなどの実践的な開発作業や政策策定に不可欠な研究手法と方法の開発も強調しています。

入学条件

入学条件 大学院パスウエイ 直接入学
英語力 IELTS: 5.5 (全て 5.5+) IELTS: 6.5 (全て 5.5+)
成績 2.4 3.0
GRE/GMAT 不要 不要
学部専攻指定 不問 不問
就労体験 不要 不要
入学時期 9月、1月*、4月* 9月
その他・備考 *IELTS 6.0 ( 全て 5.5+) がある場合は、短縮型パスウエイ(1月~6月 or 4月~8月)受講可

大学院パスウエイ

受講科目
教科名 単位数*
English Language and Study Skills30
Quantitative Analysis10
Applied Research Skills30
Global Issues and Development20
Social and Cultural Studies20
Introduction to Research 10
Social Communication Skills0
*修士コースの単位にはカウントされない。
赤文字は選択科目
大学院パスウエイの詳細はこちらへ

当プログラムのカウンセリングと入学手続きを無料で行っています。詳しくはお問い合わせください。