ジョージメイソン大学
奨学金あり
バージニア州・Fairfax市

MSc in Digital Forensics and Cyber Analysis(デジタルフォレンジック&サイバー分析修士コース)

ここに注目

  • デジタル証拠の分析、侵入フォレンジック、法的および倫理的問題についての高度なトレーニングを提供
  • アメリカ国立科学財団認定STEMコース。卒業後、最大3年間のOPT(有給インターン)が可能。
  • 直接入学及びパスウエイには TOEFL や IELTS を代用する無料英語テストあり。(当社にて受験可)

ワンポイント紹介

デジタルフォレンジックは、法科学の一分野で、主にコンピュータ犯罪に関連して、デジタルデバイスに記録された情報の回収と分析調査などを行います。この情報は、法廷で証拠として認められます。 デジタルフォレンジックは、その性質上コンピュータエンジニアリング、コンピュータサイエンス、情報技術、法律、および倫理の領域を含む学際的な学問であり、犯罪、民事、諜報、テロ対策の重要な要素でもあります。 ジョージメイソン大学大学院工学部のデジタルフォレンジック&サイバー分析修士コースは、学術教育を実際の実践的な手法と組み合わせ、デジタル証拠の分析、侵入フォレンジック、法的および倫理的問題についての高度なトレーニングを提供することによって卒業生を法執行機関、政府の他のさまざまな部門、および銀行や金融などの企業部門でのキャリアに向けて準備します。
重点分野 Penetration Testing/Reverse Engineering

入学条件

入学条件 大学院パスウエイ 直接入学
英語力(右記のいずれか) TOEFL iBT 75, IELTS 6.0 TOEFL 80+、IELTS 6.5+
成績(GPA) 2.75 3.0+
GRE/GMAT 不要 不要
学部専攻指定 関連分野 関連分野
就労体験 不要 不要

大学院パスウエイ

修士号取得までの単位構成 (大学院パスウエイ)
開始時期 秋学期(8月)、春学期(1月)
修士号取得に必要な単位数 30
卒業にカウントされる単位数 6
残り単位数 24
修士号取得に要するトータル期間 4学期間(2年間)

大学院パスウエイカリキュラム

第1学期 教科名 単位数
INYO 504 Accelerated Graduate Transitions for International Students * 3
EAP 508 Accelerated Graduate Communication in Disciplines * 4
CFRS 500 Introduction to Forensic Technology and Analysis 3
CFRS 660 Network Forensics 3
EAP Course Language Support Course for Graduate Pathway Students * 0

*赤文字で表記されている教科は、修士課程の単位としてカウントされます。

*留学生のみで受講する授業

大学院パスウエイの詳細はこちらへ

当プログラムのカウンセリングと入学手続きを無料で行っています。詳しくはお問い合わせください。