ワシントン州立大学
ワシントン州・Pullman市(本校)

MSc in Civil Engineering

ここに注目

  • 環境工学、地盤工学および輸送工学、水理学および水資源、構造工学、材料および持続可能性の4つの集中のいずれかに特化
  • 米国国土安全保障省(DHS)認定STEMプログラム。従って卒業後、3年間までのOPT(有給実習)可
  • パスウエイにはTOEFLやIELTSを代用する無料英語テストあり。(当社にて受験可)

ワンポイント紹介

土木技術者は、現代の生活に不可欠な物理的な作業と設備を計画、設計、建設、運用します。また土木技術者は、現代の文明で必要とされる設備の建設に責任を負うだけでなく、環境の保護と保全にも取り組んでいます。これらの施設の例には、橋、高速道路、建物、空港、洪水制御構造、飲料水の浄化プラント、廃棄物処理および処分施設、海洋構造物、トンネル、灌漑システム、宇宙衛星、および発射施設が含まれます。 ワシントン州立大学(WSU)の大学院土木工学コース(修士課程)では、環境工学、地盤工学および輸送工学、水理学および水資源、構造工学、材料および持続可能性の4つの集中のいずれかに特化することができます。卒業生は、技術者としてのキャリアをすぐに開始するか、博士課程に進み、研究を継続します。
重点分野 ENVIRONMENTAL ENGINEERING, GEOTECHNICAL AND TRANSPORTATION ENGINEERING, HYDRAULICS AND WATER RESOURCES, STRUCTURAL ENGINEERING, MATERIALS, AND SUSTAINABILITY

入学条件

入学条件 大学院パスウエイ 直接入学
英語力(右記のいずれか) TOEFL 66+, IELTS 6.0+ TOEFL 80、IELTS 7.0
成績(GPA) 2.5 3.0
GRE/GMAT 不要 不要
学部専攻指定 関連分野 関連分野
就労体験 不要 不要
その他・備考 より高い英語力(例: TOEFL 75, IELTS 6.5)を有する場合は、1学期制のパスウエイあり。

大学院パスウエイ

修士号取得までの単位構成 (大学院パスウエイ)
開始時期 秋学期(8月)、春学期(1月)
修士号取得に必要な単位数 30
卒業にカウントされる単位数 12
残り単位数 18
修士号取得に要するトータル期間 4学期間(2年間)

大学院パスウエイカリキュラム

第1学期 教科名 単位数
IALC 602 Academic Reading and Research * 9
IALC 650 International Teaching Assistant * 3
CE XXX Relevant Civil Engineering Course 3
CE XXX Relevant Civil Engineering Course 3
第2学期 教科名 単位数
IALC 603 Academic Listening and Discussion * 9
IALC 651 Study Skills for University Success * 3
CE XXX Relevant Civil Engineering Course 3
CE XXX Relevant Civil Engineering Course 3

*赤文字で表記されている教科は、修士課程の単位としてカウントされます。

*留学生のみで受講する授業

大学院パスウエイの詳細はこちらへ

当プログラムのカウンセリングと入学手続きを無料で行っています。詳しくはお問い合わせください。